リノベーションで変わる住宅・住居

住宅・住居のリフォームについて~高齢、介護を理由とする場合

リノベーションで変わる住宅・住居 住宅・住居の中に生じた不便さや不都合さを解消するために、部分的あるいは大規模に改築、改修などを行うことをリフォームと言います。リフォームは必要だと感じた時に、予算や時間が許せば、誰しもがハウスメーカーやリフォーム専門業者に注文をすることで行うことができます。そして特に、住んでいる人の高齢化や、介護を必要とする状態になった時にリフォームを必要とするというケースは、非常に多いです。高齢になる、あるいは介護を必要とする状態になると、自分が思うように自分の体を動かすことと言うのがどうしても難しくなります。これは、ごく自然なことですからそのことを恥じる必要はありません。しかし、そのために生じた生活の中の不便さと言うのは、やはり厄介なものですし、場合によってはそれを原因として、ケガをしてしまったりすることもありますから、やはり適切に解消することが求められます。

こうした高齢、要介護状態によるリフォームというのは、通常のリフォームとは異なる視点を持ち、それを活かしたうえで実際の改修などが行われることが重要です。異なる視点とは当然、介護的な視点です。たとえば、介護を必要とする人の状態を正確に把握したうえで、『では、トイレはどのようにリフォームをしたら、この人が一人でも利用できるようになるだろうか』とか『足にはハンディを背負っているけれど、腕の機能は十分に残っているから、その残存機能を活かすためには、どのような工夫が必要だろうか』といった点です。一般的な住宅・住居リフォーム会社では、なかなかこうした視点は難しいですから、こうした理由でリフォームをする場合は、介護リフォーム専門の業者に頼むと良いです。

また、一般的なリフォーム会社でも、介護リフォームに必要な視点を持っているかどうかということを判断できる材料があります。それが、作業療法士や理学療法士と言ったリハビリ職の名前が、たとえば事業内容を説明する文章などに含まれているかどうかという点です。作業療法士や理学療法士と言うのは、介護現場において高齢者や要介護者の機能回復、残存機能の維持を目的としたリハビリを行う専門職です。その業務には『人間の体は、こうしたら効率よく動かすことができる』『ストレスのない作業動線のためには、物はこのように配置するべきである』と言うような専門的な知識が必要であり、こうした知識は、当然ながら介護リフォームにおいても必要とされるものです。ですから、こうしたリハビリ職の存在が書かれてあるリフォーム会社は、高齢や介護を理由とする住宅・住居リフォームにおいて必要な視点を持っていると言うことができます。

サイトリンク

Copyright (C)2023リノベーションで変わる住宅・住居.All rights reserved.