リノベーションで変わる住宅・住居

伝統的な住宅・住居を受け継ごう

リノベーションで変わる住宅・住居 古い木造の家は、しっかりと手入れさえすれば200年以上もつと言われています。私の祖母の住む家はそんな古民家です。祖母曰く「江戸時代から280年ほどになる」とのことですが、その細かいところは分からないにしても、なるほどそれがあながち嘘とも言えないような古さや歴史を感じる家であることは確かです。太い柱や梁、高い屋根、使いこまれた土間、そして茅葺と、なかなかの趣をかもし出しています。

世の中にはさまざまな住宅・住居がありますが、小さいときから触れてきたこともあって、私はそんな古民家が大好きです。最近は古民家が見直されてきていますが、こういった伝統的な住宅・住居が大切に保存されていったり、また受け継がれていくことを願っています。

先日、祖母の家に大規模な改装工事が入りました。両親が父の定年をきかっけに祖母の家に同居することになったのですが、ずいぶんと痛みもでてきた家屋をまた長く住めるようにするために改装・修復をするための工事とのことです。古民家は古ければ古いほど手がかかるようですが、それだけに、やはり家族一同格別な思い入れがあるのかもしれません。できるだけ長く住み続けていければ幸いです。いつか私も住むことになるのかもしれません。

サイトリンク

Copyright (C)2023リノベーションで変わる住宅・住居.All rights reserved.