リノベーションで変わる住宅・住居

住宅・住居に住む時は騒音に気を付ける

リノベーションで変わる住宅・住居 賃貸で住宅・住居を探している方は、家賃が安いところも魅力的ですが、実際に部屋の中を見せてもらって、どのくらいの騒音が聞こえるのかをチェックすることなのです。アパートなどの集合住宅では、壁が薄いところが多く、隣の声が聞こえるのです。隣の音が聞こえるということは、自分の部屋でたてた音も聞こえるということです。ですので、部屋でテレビを見たり、音楽を聴いたりする時は、音量には十分注意しなければならないのです。

私も、アパートを借りているので、部屋でテレビを見るときは、音を大きくしないようにするなどして、音がうるさいとクレームがこないようにしています。夜に洗濯をされる方もいらっしゃるかと思いますが、なるべく、夜10時までに終わらすことがいいです。あまりにも、隣の音がうるさかったら直接いいにいくのではなく、管理しているところに電話をして、注意してもらうといいですね。このように集合住宅に住まれる時は、同じ建物に住まれている方の気遣いも必要なのです。音楽を聴かれる時は、イヤホンを使用することで、音楽を楽しむことができるのです。一戸建てに住まれていた方ですと、住み方がわからない方もいらっしゃるかと思います。

サイトリンク

Copyright (C)2023リノベーションで変わる住宅・住居.All rights reserved.